カードローン審査

銀行カードローンの審査は厳しいという話を耳にした事があるのでは無いでしょうか。実はこの銀行カードローンの審査が厳しい原因の1つに既存借入先と保証会社が同一の場合が挙げられます。

 

現在の銀行カードローンの保証事業はプロミスとアアコムが大きなシェアを持っています。仮にプロミスに100万円の借入金がある状況で、三井住友銀行カードローンに申し込んだとしましょう。三井住友銀行の保証会社はプロミスですから、三井住友銀行から保証業務の委託依頼がプロミスに行くことになります。

 

プロミスが仮に保証業務の審査に通してしまうと、あなたはプロミスの借金に加えて三井住友銀行カードローンの借金の返済を行わなければいけなくなります。これは単純に貸し倒れリスクが増大しますし、あなたに対して集中的なリスクを持ってしまいます。

 

また、三井住友銀行カードローンの保証業務審査に通し、あなたが限度額を得るとその限度額でプロミスの借入金を返済する可能性があります。その場合、金利が18パーセント得ることが出来ていたものが、三井住友銀行から受け取る保証料(1パーセント位)に減ってしまいます。

 

あなたが審査担当者とするとどういう判断をするでしょうか。恐らくは、三井住友銀行の担当者に『この方昔利用状態が良くなかったので、審査に通せません』と言いたくなるのでは無いでしょうか。

 

この様な事は金融機関ではよく行われますので、保証会社に気を付けて、保証会社を複数社提携しているカードローンを選んでみると良いでしょう。