カードローン審査で注意すること

キャッシング契約をする際、職業属性上の問題や勤務先の社会的な立場に因り、勤務先の情報正しい内容を記載出来ない人は少なからずいます。その際、アリバイ会社すなわちダミーの勤務先情報を利用し、審査を通過しようと考える人がいます。

 

アリバイ会社は、在籍確認の電話や収入証明書類を作成してくれる上、優良企業ともいえる会社情報を提供しています。しかし、アリバイ会社の存在は金融機関も把握しており、利用される企業情報や電話番号が筒抜けになっていることを認識しておく必要があります。

 

また、通常の在籍確認とは異なり、申込者の情報をアリバイ会社は直ぐに確認出来ない上、金融機関が利用する電話番号を全て把握している訳ではありません。そのため、アリバイ会社は在籍確認の電話をされても、どの金融機関なのか把握することが出来ない上、どの利用登録者宛の電話か判断出来ず、結果として在席確認が曖昧になり、金融機関側に不信を与えることになります。

 

そもそも、一般的な会社の電話応対では、『◯◯株式会社です』や『○○商事です』といったように企業名を先に名乗ります。しかし、アリバイ会社は企業名を名乗った時点で、勤務先情報を偽っていると判明するリスクもあり、利用しても結果的にバレるのが落ちです。

 

そのため、勤務先情報を記載できないとった方は、少なからずアルバイトやパートでもいいので、普通の企業で働いているという状況を確保するのがポイントです。